職種別!実務で役立つExcel関数【SE・エンジニア編】

効率よくExcelの関数を覚えるため、職種別によく使われている関数を調査しました。第1回目の「事務職編」、第2回目の「営業職編」につづき、第3回目はSE・エンジニアとして働いている方に、仕事で使用している関数をお聞きしました。現在SE・エンジニアの方、これからSE・エンジニアを目指している方は、このあたりの関数を覚えておくと実務ですぐに役立ちそうです。

※moug書籍プレゼント アンケート結果
集計期間:2020年1月~12月(回答数429)

SE・エンジニアが役に立つと思ったExcel関数(複数回答あり)

SE・エンジニアが役に立つと思ったExcel関数ランキング

【コメント抜粋】

・VLOOKUPは使い方を覚えると重宝する関数だと思います。この関数を知っていると「できるなこいつ」と思ってもらえると思います。(40代)
・vlookupでデータの抽出は非常に便利です。またマクロ機能も勉強しておくと時短できます(30代)
・VLOOKUP関数は、指定した範囲の先頭列を縦方向に検索し、検索条件に一致したデータを検索して取り出してくれる関数なのでVLOOKUP関数を使用することで手入力をしていた大量のデータも自動的に入力が可能となり業務で使うシーンは幅広いです。(50代)
・どの業務でも使うと思われる「VLOOKUP」「SUMIF」は使いこなせるようにした方が良い。また、EXCELマクロは使える(例えば、定期的に同じデータを入力するなど)(30代)
・VLOOKUPは必須関数。SUMIFは良く使うので覚えていて損は無し(30代)
・エクセルは日々精進の繰り返しと思います。使わない機能は忘れてしまいますのでプロジェクトが変わると文化が異なり前使っていたのに・・・とかいっぱいありますね。(40代)

学生のうちにExcelを学んでおいた方がいい?

アンケートには、「エクセルは、どの仕事でも必要なスキルなので早いうちから習得すると良いと思います。」といった声もあり、約79%の方が学生のうちにエクセルを学んでおけばよかったと思うと回答しています。
また、マクロやVBAに触れているコメントも多く、SE・エンジニアは専門的なスキルが求められています。まずはできるところから準備をしておくことをおすすめします。

Excelを学べる教材

Microsoft 365&Office 2019対応教材

Office 2016対応教材

Office 2013対応教材

Excelの資格

MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の公式サイト

Topへ

オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • Microsoft認定資格
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定
とじる

オデッセイが実施・運営する資格試験

とじる

セキュリティへの取組み

いつもアオテンストアをご利用いただきありがとうございます。お客様が安心してご注文いただけるようセキュリティを重視し運営を行っております。個人情報とデータの取扱い、個人情報・機密情報の暗号化、SSL暗号化の証明について、以下をご覧ください。

もっと詳しく