統計講座 入門編 明日から使える!データ分析の第一歩!|アオテンストア

統計講座 入門編 明日から使える!データ分析の第一歩!

動画情報

動画再生時間:
01:02:12

データを扱うコツをお伝えします!基本的な操作からデータ分析の第一歩を踏み出しませんか?

データは集計しただけではただの数字の集まりに過ぎません。
そのデータに何かしらの加工をすることによって、様々な情報を引き出すことができます。
それこそがデータ分析であり、データ分析を行う上で必要な知識の基礎となるのが統計学です。

データ(=数字の集まり)を扱う上で身につけておくべき力は『数字の裏に潜む情報を読み解く力(=数字力)』です。
表向きに表現された数字から、いかに情報を読み解くかを意識するだけでもデータの見え方が大きく変わってきます。数値を読み解く際の落とし穴も含めて色々な事例をご紹介します。

また、数字力は自分がデータをどう解釈するか(インプット)の力ですが、それと同じく重要になってくるのがアウトプットの力、つまり『自分の伝えたい情報を的確に他者に伝える力(=データの表現力)』です。実際のニュース記事を基にデータの表現力のポイントをお伝えします。

そして、Excelにはアドインとして「データ分析」や「ソルバー」があり、様々な分析を行うことが可能です。
今回の講座では、ヒストグラムの作成や基本統計量の出力、相関係数の算出などをご紹介します。
理論だけでなく、実践力も身につけることで色々なデータの分析に活用できることと思います。
皆さんがお持ちのデータでもぜひ様々な分析を行ってみてください!

続きをよむクリックしてとじる

スクリプト

00:00:00
講座開始
00:01:47
統計やデータ分析とは何か?
00:06:46
数字力と代表値について
00:18:00
統計学でできること
00:19:30
データの表現力について(度数分布表とヒストグラム)
00:23:25
データの表現力について(日本経済新聞記事を読み解く)
00:27:55
確率の小話
00:31:45
Excelを用いてできるデータ分析(ヒストグラム、基本統計量)
00:43:10
相関関係について(相関係数、散布図、擬似相関)
00:55:25
本講座の先にあるデータ分析
00:56:28
統計検定とビジネス統計スペシャリストのご紹介
続きをよむクリックしてとじる

Topへ

オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定
とじる

オデッセイが実施・運営する資格試験

とじる

セキュリティへの取組み

いつもアオテンストアをご利用いただきありがとうございます。お客様が安心してご注文いただけるようセキュリティを重視し運営を行っております。個人情報とデータの取扱い、個人情報・機密情報の暗号化、SSL暗号化の証明について、以下をご覧ください。

もっと詳しく

とじる

書籍名 イメージ見る

とじる

書籍名 立ち読み

とじる

書籍名 イメージ見る

とじる

以下の商品をお気に入りリストに追加しました。