Excel講座 ピボットテーブルを使ってみよう!|アオテンストア

Excel講座 ピボットテーブルを使ってみよう!

動画情報

動画再生時間:
00:48:56

大量のデータを集計するとき、あなたはどういった作業を行っていますか?

ピボットテーブルを使って集計をすると便利ですが、ピボットテーブルを使わなくても集計をすることはもちろんできます。
今回はピボットテーブルを使って集計をする前に、別の機能を使って作業をし、効率がどの程度違うのかを確認してみましょう。

1つ目は「SUM関数」を使う方法。2つ目は「オートフィルタ機能」。
3つ目は「SUMIF関数」を使います。
どの方法を使っても、リストのデータをもとに「担当者ごとに各商品の売上金額を集計する」ことはできました。
ただ、少し手間がかかったり、関数の知識が必要だったりと問題が発生しました。

そこで、ピボットテーブルを使えばどれだけ簡単に集計ができるのか?を確認してみましょう。
ピボットテーブルを使えば、元のデータが変更されればピボットテーブル内の集計も更新でき、データの絞り込みもピボットテーブル内で簡単にできます。

覚えてしまえば簡単なピボットテーブル機能。
講座の最後にはピボットテーブルを作成する前の準備についても解説しています!

続きをよむクリックしてとじる

スクリプト

00:06:30
ピボットテーブルで効率よく集計する前に別の操作方法をご紹介
00:10:00
SUM関数で集計できるかを確認しよう
00:14:30
オートフィルタ機能を使って集計できるかを確認しよう
00:17:30
SUMIF関数で集計できるかを確認しよう
00:24:00
ピボットテーブルを使うと問題が解消されるのかを確認しよう
00:29:00
ピボットテーブルを変更しよう(項目名を入れ替える)
00:31:00
日付データを月ごとの集計に変更しよう
00:32:30
レポートフィルタエリアを使ってみよう
00:35:00
空白セルに「0」を表示する
00:37:00
ピボットテーブルの元データを修正する
00:39:30
ピボットテーブルの見た目を変更する
続きをよむクリックしてとじる

Topへ

オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定
とじる

オデッセイが実施・運営する資格試験

とじる

セキュリティへの取組み

いつもアオテンストアをご利用いただきありがとうございます。お客様が安心してご注文いただけるようセキュリティを重視し運営を行っております。個人情報とデータの取扱い、個人情報・機密情報の暗号化、SSL暗号化の証明について、以下をご覧ください。

もっと詳しく

とじる

書籍名 イメージ見る

とじる

書籍名 立ち読み

とじる

書籍名 イメージ見る

とじる

以下の商品をお気に入りリストに追加しました。