Office 365って何?Office 2019とはどこが違うの?

Officeの種類

正式名称は「Microsoft Office」ですが、Officeと呼ばれることが多いです。Microsoftが開発・販売している主にビジネス向けのアプリケーション(Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookなど)をまとめてOfficeといいます。

Officeには365と2019がある

Officeは、Office 2010→Office 2013→Office 2016→Office 2019のように製品が発売されてきました。それとは別に、2011年にOffice 365が発売され、現在はOffice 2019とOffice 365から選ぶことができます。

■Officeのバージョンって何?

Officeのバージョンは何かを聞かれた場合、Office 2019であれば「バージョンは2019」、Office 365であれば「バージョンは365」と答えることがあります。正確なバージョンの確認方法は、Wordであれば[ファイル]→[アカウント]→[製品情報]→[Wordのバージョン情報]に書かれている「バージョン 1911(例)」がバージョンです。これらを省略してWordのバージョンが何かを聞かれた場合はOffice 2019であれば「2019」と答えるのが一般的です。

■アプリ名称の違い

Office 2019のWordはWord 2019ですが、Office 365のWordはWord for Office 365になります。Office 365のWordと呼ばれることが多いようです。

■個人向けの製品一覧

Office 365はすべてのアプリケーションとサービスを使えますが、Office 2019は使えるアプリケーションや対応OSによって製品が分けられています。この他にも、法人向けや教育機関向けなどがあります。

Office 365 Office 365 Solo
Office 2019 Office Personal 2019
Office Home & Business 2019
Office Professional 2019
Office Home & Student 2019 for Mac

Office 365とOffice 2019の違い

1.使える期間が違う

Office 2019は1回購入すればずっと使えますが、Office 365は使用期間を1か月または1年のどちらかを選んで購入します。期間終了後も続けて使いたい場合は、再度購入する必要があります。

2.機能が違う

Office 2019は購入時の機能から変わりませんが、Office 365は常に最新の機能です。Office 365は自動的に最新版へアップデートされます。

3.サービスが違う

Office 365には、Office 2019にはないサービスがあります。OneDriveのオンラインストレージ1TB、Skypeでの毎月60分の無料通話、Office Mobileのフル編集機能、テクニカルサポートはOffice 365限定のサービスです。

比較表(2019年12月時点)

  

Office 365 Solo

Office Personal 2019

Office Home & Business 2019

発売日 2014年10月17日 2019年1月22日 2019年1月22日
含まれるアプリケーション Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Publisher、Access ※1 Word、Excel、Outlook Word、Excel、PowerPoint、Outlook
ライセンス形態 サブスクリプション型 永続ライセンス型 永続ライセンス型
製品利用期間 1年間(または1か月間) 無期限 無期限
販売価格 12,984円/年(または1,284円/月) 32,784円 38,284円
機能の更新 あり(常に最新) なし なし
セキュリティの更新 あり あり あり
サポート期間 契約期間中はサポート対象 2025年10月14日 2025年10月14日
インストール可能台数 無制限 ※2 2台 2台
対応デバイス パソコン、タブレット、スマートフォン パソコン パソコン
サポート対象OS
※3
Windows OS:Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 SP1

macOS:Catalina、Mojave、High Sierra
Windows OS:Windows 10 Windows OS:Windows 10

macOS:Catalina、Mojave、High Sierra
その他に含まれるサービス

・OneDriveのオンラインストレージが1TB利用可能
・Skypeから固定電話や携帯電話との通話が毎月60分無料
・Office Mobileの編集機能を制限なく利用可能
・無料の電話やチャットでのテクニカルサポートが利用可能

なし なし

※1 PublisherとAccessはWindows PCのみ利用可能
※2 同時に5台の端末にサインイン可能
※3 Office 365 Soloは、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2もサポート対象
   Office Personal 2019とOffice Home & Business 2019は、Windows Server 2019もサポート対象

■OneDriveって何?

パソコンの中にデータを保管せず、Microsoft が管理するデータセンターにデータを保管できるサービスです。インターネット環境さえあれば、いつでもデータにアクセスできます。パソコンで作った資料をOneDriveに保管しておけば、スマホやタブレットで資料を見たり編集したりできるので、デバイスを複数持っている方にも便利です。

Office 365に関連する特集記事

Office 365とOffice 2019どっちがお得か

Topへ

オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定
とじる

オデッセイが実施・運営する資格試験

とじる

セキュリティへの取組み

いつもアオテンストアをご利用いただきありがとうございます。お客様が安心してご注文いただけるようセキュリティを重視し運営を行っております。個人情報とデータの取扱い、個人情報・機密情報の暗号化、SSL暗号化の証明について、以下をご覧ください。

もっと詳しく