MOS 自分にあった学習方法を選ぶ|特集一覧|アオテンストア

MOS 自分にあった学習方法を選ぶ

これからMOSを受ける方の現時点でのOfficeスキルはバラバラだと思います。このページでは、
・試験対策を万全にしたい方
・操作スキルに自信があり試験勉強は必要ない方
・Officeソフトを使うのが初めての方
の3つのパターンに分けておすすめの学習方法をご紹介します。

試験対策を万全にしたい方

普段からWordやExcelを使っているし対策テキストで勉強もしたけど、合格できるか不安…という方は、もう1つ別の対策テキストでも勉強してみてはいかがでしょうか。出版社によって問題の傾向や出題方法が違ったりするので、いろいろなパターンで学習しておくと、本試験で慌てないための手助けになります。日経BP社の模擬テスト(※1)だけの教材も数量限定で販売していますので、2つ目の教材としてご活用ください。模擬テストを何度も繰り返し実施し、常に高得点が取れることを目指しましょう。
※1 日経BP社より模擬テストだけDVDとして、Excel 2016Word 2016の2バージョンを販売しています。

【Excel教材の組合せ例】
FOM出版書籍と日経BP社DVDの組合せの場合、模擬テスト10回分

【Word教材の組合せ例】
FOM出版書籍と日経BP社DVDの組合せの場合、模擬テスト10回分

操作スキルに自信があり試験勉強は必要ない方

WordやExcelの操作に自信がある方は、MOS公式サイトで試験範囲を確認していけそうだなと思ったら、そのまま試験を受けてみてはいかがでしょうか。実際に試験勉強をせずに試験に臨む方もいらっしゃいます。
試験形式だけは知っておきたいという場合は、1,200円ほどで模擬テストのみの教材もありますので、こちらを購入し、事前に確認しておきましょう。

MOS試験に申込む

Officeソフトを使うのが初めての方

MOS試験を受けるために初めてWordやExcelを使う方は、まずはソフトの操作に慣れることが大事です。対策テキストのサンプルなどを見てみて、独学は難しそうだなと感じたら、お近くのパソコンスクールに通うのが合格への近道かもしれません。先生がいることで効率よく学習でき、分からないときはすぐに質問できるのが魅力です。

MOS対策講座を実施しているパソコンスクールを探す

MOS試験は、いつでも受けられるのが特長です。試験が○日だからそれまでに勉強を終わらせないと!と焦る必要はありません。自分で準備ができたなと思ってから試験を申し込めばいいので、合格するために準備万端で試験に臨みましょう!

Topへ

オデッセイが実施・
運営する資格試験

  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)
  • ビジネス統計スペシャリスト
  • MTA(マイクロソフト テクノロジー アソシエイト)
  • IC3(アイシースリー)
  • VBAエキスパート
  • アドビ認定アソシエイト(ACA)
  • コンタクトセンター検定試験
  • Rails技術者認定試験
  • リユース検定
  • 統計検定
とじる

オデッセイが実施・運営する資格試験

とじる

セキュリティへの取組み

いつもアオテンストアをご利用いただきありがとうございます。お客様が安心してご注文いただけるようセキュリティを重視し運営を行っております。個人情報とデータの取扱い、個人情報・機密情報の暗号化、SSL暗号化の証明について、以下をご覧ください。

もっと詳しく